家電運搬

1番格安な家電の運搬方法

大型家電 引越し 見積もり

 

大型家電 引越し 価格

 

大型家電 引越し 料金

 

大型家電 引越し 費用

 

大型家電 引越し 比較

 

大型家電 引越し 最安値

 

大型家電 引越し 相場

 

 

家電を運搬したい。
運搬といえば、宅配業者、引越し業者、郵便局などが思い浮かびますね。

 

郵便局は最大30kg、3辺合計170p以下のものしか送ることができませんので大きな家電を送ることは出来ません。
宅配業者でも冷蔵庫などの家電を運べるところは、大手しかありません。

 

大きな家電や複数の家電を運びたいときは、引越し業者がオススメです。
引越し業者は引越しでない場合ても、家電だけを運ぶサービスを行っています。

 

家電だけを運んでくれる引越し業者を探すなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。

 

大型家電 引越し

 

一括見積もりすれば、料金の相場や最安値が一目瞭然です。
しっかり比較することで、後で「あっちの方が安かった!」なんて悔しい思いをすることもありませんね。

 

家電の運搬をするなら、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

引越し価格ガイド
引越し

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し
引越し

・安い引越業者を探す方法は必見


ライフル引越し
引越し

・はじめての引越しにもおすすめ

 

 

引っ越しの時期と費用の相場

 

家電運搬時期

 

引越しには通常期と繁忙期というのがあります。
繁忙期とは1年で一番引越しが多い3月前後で、それ以外は通常期と呼ばれます。

 

繁忙期は新大学生や新社会人に加え、春の人事異動で転勤する家族の引越しなどが一斉に行われるためにどこの引越し業者もてんやわんやです。
スタッフを増員したり、1日に回る回数を増やしても、処理しきれないため、予約ができない日もあります。
家電だけを運搬したいという依頼もそうです。余裕がないのです。

 

もし繁忙期にどうしても引越しするのであれば、新居がきまったらすぐに複数の引越し業者に見積もりを依頼して比較検討し、契約までしておきましょう。
繁忙期のひっこしはスピードが命です。
出遅れないようにしましょう。

 

繁忙期と通常期では当然ですが、引越し料金が違います。
繁忙期は高く設定されていますので、もし可能であればこの時期の引越しをさけてずらすのがオススメです。
一人暮らしであればとりあえず必要最低限のものだけ宅配便で送り、通常期になってから送るというのも一つの手です。

 

 

引越し費用を安くする方法

 

家電運搬時期

 

繁忙期(3月前後)は引越し料金が高いと言いました。
しかし通常期であっても、土日祝日の午前や大安といった日は人気があるため他の日よりも費用はやや高めです。
といいますか、人気のある日は引越し業者が割引しづらい時期と言えます。

 

では平日の午後もしくは時間を決めないフリー便を利用してみてはどうでしょうか?
引越し業者の仕事に余裕がある時期は、費用を割引して集客しようとします。
だからひっこし価格を安くすることができるのです。

 

ほかにもトラックと運転手だけを用意してもらうチャーター便は、引越しを手伝ってくれる友人知人はいるけど車がない人にはオススメです。
トラックに荷物を積む際に、背の高い家具や大きな家電はどうすればいいのか案外わからないものです。

 

引越し全般で一番お金がかかるのは、長距離の引っ越しだと思います。
距離にもよりますが、長距離であれば数十万円かかってもおかしくありません。
一人暮らしの引越しなら、単身パックや混載便を利用するのがオススメです。

 

これは同じ方面に荷物を運びたい何人かでトラックの費用を割る形で運ばれますので、経費がかなり抑えられ安く引っ越しできます。
このように引っ越しにはいろいろ安くするポイントがあるのです。

 

 

引越しとあいさつの時期

 

引越しのあいさつ

 

引越ししたらあいさつに行きましょう。
ちょっと面倒かもしれませんが、新居のご近所さんに「挨拶も出来ない人」という印象を与えたくないものですね。

 

引越しの挨拶は、引越し当日か翌日に行きましょう。
なぜかという遅くなるほど面倒くさくなったり、挨拶前に道や廊下でバッタリ会ってしまってタイミングを逃したりします。

 

手ぶらでもいいのですが簡単な粗品を用意して行くのがおすすめです。
粗品は500円とか1000円くらいの日用品やお菓子、タオルや洗剤などの消耗品が喜ばれると思います。

 

ではどこのお宅まで挨拶に行けばいいのでしょうか?

 

マンションやアパートなら上下左右の部屋の方に行くのが一般的です。
大家さんや管理人さんが近くにお住いなら、そちらにもご挨拶しておくといいと思います。

 

一戸建ては昔から「向こう三軒両隣」と言って、自分の家の向かい側3軒と左右隣の2軒、合計5軒です。
一軒家はマンションのような住人専用のゴミ収積所がないので、おそらく町内で当番制で清掃を行っているかと思います。
地域の自治会長さんにもご挨拶して、ゴミ出しやお祭りなどのルールも聞いておくと安心ですね。

 

 

引越しの手順

 

引越し手順

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。

 

A荷物を梱包し、不用品は処分する。

 

B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。

 

C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。

 

D郵便局へ転送の手続き

 

E引越し当日

 

F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。

 

G荷解き

 

H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかにはこのような感じです。
引越し日まで怒涛のように忙しいのではなく、何日かにわけて忙しいだけなのです。

 

引越しは大変ですが頑張ってくださいね。

 

 

引越しの初期費用

 

引越し初期費用

 

引っ越しにかかる費用の中でも物件の契約料と引っ越し業者に支払う費用が高額です。
物件を契約するときにかかる費用にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

 

賃貸物件を契約する際にかかる費用は、以下のようなものがあります。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

・敷金は、物件を退去する際に傷んだ壁や床、水回りなどを修理するための費用です。
入居前に管理会社に預けるという形で徴収されます。
敷金なしの物件もありますが、そういうところは退去の際に請求されるので先に徴収のほうが安心かもしれません。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金のことです。昔からの慣習ですが、最近は空き物件も増えており入居者の負担を減らすために礼金ゼロという物件も増えています。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらいます。
まとめて払う能力がなければいきなり滞納されてしまうこともあるので、滞納トラブルの抑止力になるかもしれません。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に〇〇円という決まりがないので、会社によって金額が異なります。仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しましょう。
なぜなら火元が自分でない火事でもらい火をした場合でも、火元の住民に賠償を求めることができないからです。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために火災保険には加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
昔は家賃滞納のリスクに備えて、契約書に連帯保証人として親や兄弟などの名前を記載するのが一般的でした。
しかし最近は家庭の事情で連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多く、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にもわかりません。
家の場所も知っていて鍵ももっているというのは怖いですね。
防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。

 

 

引越し業者のオプション

 

大型家電 引越し オプション

 

引越し料金は、交通費と人件費、それにオプション費用が合わさったものですが、この「オプション費用」とはどんなものなのでしょうか?
引越し費用のオプションとは以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

まず一番多いのがエアコンの移設だそうです。
自分で買ったエアコンなら、新居に持って行きたいですよね。
しかしエアコンはコンセントを抜けばOKという家電ではないので、取り外すのに電気事業者を呼ぶ必要があります。
これをオプションで依頼しておけば、簡単になりますね。

 

ピアノは繊細で高価な楽器なので、運ぶのに専門業者があるほどです。
小さな引っ越し業者では敬遠して運ばないこともあります。
ピアノを運びたいなら、オプション設定しておけばピアノ運送を扱う引越し業者だけを選んで見積もりを取ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

家財宅急便